横柄な患者さん!看護師になら当たり散らしても平気って思っている方いますよね?患者さんの暴言に耐えられず、辞めていくスタッフもいますね・・・。

患者さんは、病気を患っていて辛い思いをして、ストレスがかなり溜まっているのは分かります。
でも、そのストレスを、看護師に当たることで発散している患者さんが多い事に、とても悩まされています。
治療をする為には、いろいろな医療行為をする必要があり、医療行為をする事によって、痛みや苦痛はつきものです。
患者さんにとって、それはとてもストレスになるんだと思います。
でも、いくら苦痛だとしても、看護師に対して、暴言を吐いたり暴力を振るうというのはどうなんでしょうか?
患者さんの中には、疾患の後遺症で麻痺が残っている方もいます。
そのような方に対して、トイレの誘導をする事もあるんですが、少しでも気に入らない事があると、怒鳴ってきたり、
蹴ろうとしてくる事があるんです。
でも、そのような状況にあっても、私達看護師は文句を言ったり抵抗する事はできないんです。

 

患者さんは辛い立場にいるという事は、十分にわかっています。
それに、自由な生活を送る事ができない状況にストレスが溜まって、誰かに八つ当たりをしたい、
という思いもスゴく良くわかります。
でも、私達看護師も皆さんと同じ人間ですから、そのような態度を取られたら、痛みを感じますし辛くなってしまうんです。
そのような患者さんがいる事で、医療現場を離れてしまう看護師も少なくありません。
看護師の仕事は、ただでさえ責任が重くて不規則で、とてもハードです。
それなのに、患者さんから毎日のように暴言や暴力を受けてしまったら、仕事を続けていく意欲がなくなってしまいます。
患者さんと接する事で、看護師としてのやり甲斐を見つける事もできますが、
逆に患者さんと接する事がストレスになる場合もあります。
人と接する仕事は、やはり難しいのかもしれません。